ピンボール超電磁砲

ブロック浮体による浮体建築構想 ブロック浮体による浮体建築構想

~もっと手軽に 水上の暮(mu)らしを~

ブロック浮体による

浮体建築構想

もっと手軽に水上の暮らしを 「ブロック浮体」

私たちは、
同一規格の小さな「ブロック浮体」を複数組み合わせ、
簡単に浮体地盤を構築できる、
そんな技術を開発中です。
 そして多様(yang)な用途に使えることを目(mu)指(zhi)しています。

多様な用途に対応した小さなブロック浮体がたくさん浮いている。 多様な用途に対応した小さなブロック浮体がたくさん浮いている。
ブロック浮体を建設中の作業風景

同一規格の組み合わせで、
小さな面積から大きな面積まで対応できます。
上の建物の重さに応じて段数を足して、
浮(fu)力を増すことができます。

ブロック浮体は非常に軽量な素材でできており、
人間の手で運べます。
建設機械が使えなくても、人間が直接スピーディーに
水(shui)上(shang)の土(tu)地を作ることができます。

軽量なブロック浮体を重ねる作業
ブロック浮体上の建物 ブロック浮体上の建物

ブロック浮体は非常に軽量な素材でできており、
人間の手で運べます。
建設機械が使えなくても、人間が直接スピーディーに
水上の土地を作ることができます。

ブロック浮体はとても軽く、浮力が大きいです。
浅い水域でも、
水(shui)上に建(jian)物を構築することができます。

簡単に組立・分解・撤去・移設が可能なので、
 イベントや災害(hai)時にも利用できます。

ブロック浮体上でのイベント ブロック浮体上でのイベント

簡単に組立・分解・撤去・移設が可能なので、
イベントや災害時にも利用できます。

水上の暮(mu)らしを体感できる実(shi)験施設 「マリンフォレスト」

2023年6月、ブロック浮体を使って、当社で初めて実水域での浮体建築実証実験を行いました。この実験施設を最初の一歩として水上利用を活発化できたら、という想いがあります。ラグジュアリーで緑豊かな水上リビングでのひとときを体感できます。
今回の水域は水深が1m程度と非常に浅いにも関わらず、建築を浮かせることに成功しました。人間の手によりブロック浮体を直接水上で組み立てて、建設機械を使わずに約3時間で本施設の浮体部分(100m2)が完成しました。

マリンフォレスト水上リビング外観 マリンフォレスト水上リビング外観
マリンフォレスト水上リビング内観 マリンフォレスト水上リビング内観
マリンフォレスト水上リビング組み立て作業風景 マリンフォレスト水上リビング組み立て作業風景

この技術で可(ke)能(neng)な 浮体施設の例

水上休暇村

水上休暇村全体 水上休暇村全体

湖の景色が360°楽しめる独立した浮島で、
プライベート感溢れるひとときを。

舟やカヤックでのみアクセスでき、
特別感が味わえます。

浮体の面積を簡単に変えられるので、
季節ごとに人気の用途にあわせて
 異なった敷地(di)形状(zhuang)に変化(hua)させることも可能です。

水上休暇村と人々1 水上休暇村と人々1
水上休暇村と人々2 水上休暇村と人々2

湖上駅

陸上からでも水上からでも誰でも気軽に利用できる、
湖に浮いた道の駅。
開放感あふれる絶好のロケーションで、
湖の景色を堪能できます。
水上から舟で近づき、
舟に乗りながらコーヒーをテイクアウト、
 といったことも可能かもしれません。

湖上駅全体1 湖上駅全体1
湖上駅全体2 湖上駅全体2
湖上駅と人々 湖上駅と人々

開発(fa)の背景

清水建設では2008年に海上都市構想(GREEN FLOAT)を発表し、その後検討を続けています。
まずは実物を体感していただくため、小型浮体の実証実験を行いました。
今後、市場ニーズの変化にあわせて、中型、大(da)型浮体ニーズにも対応(ying)できるような技(ji)術開(kai)発を目指します。

小型浮体

中型浮体

穏やかな湖水・運河・堤防で囲われた港湾内

水上カフェ 水上カフェ
水上レストラン・ホテル 水上レストラン・ホテル
商業施設 商業施設

水上カフェ・水上レストラン・ホテル・商業施設など
 海上(shang)(shang)レジャーの休(xiu)憩所(suo)(水上(shang)(shang)プラットフォーム)・災害(hai)支援施設・万博(bo)施設など

大型浮体

東京湾などの湾内・沖合など

超高層建物
超高層建物1
超高層建物2

超高層建物

海上都市 海上都市

海上都市
GREEN FLOAT (2008)

page top