ピンボール超電磁砲

安全安心技術センター

地震・津波・豪雨などの自然災害から、暮らしと事業を守ります。

地震・津波・豪雨などの自然災害から、暮らしと事業を守ります

首都(dou)直下地(di)震や南(nan)海トラフ・相模トラフの巨(ju)大地(di)震など、大地(di)震の発生が懸念されています。また、年々豪雨(yu)や台風など、気(qi)象災(zai)害による被害が増加(jia)しています。これらの自(zi)然災(zai)害から暮らしと事(shi)業(ye)を守(shou)るため、安全安心技術(shu)センターでは、ソフト(リスクを予測・診断(duan)する技術(shu))、ハード(耐震・免震・制振など被害を少なくするための対策技術(shu))、スキル(災(zai)害に対するレジリエンスを高める技術(shu))の3つの観点から、研究開発に取(qu)り組んでいます。

ソフト(リスクを予測・診断する技術)

災害(hai)(hai)による被(bei)(bei)害(hai)(hai)を少なくするためには、まずリスクをよく知ることが重要です。地震(zhen)動予(yu)測(ce)や津波解析、建(jian)物地震(zhen)被(bei)(bei)害(hai)(hai)予(yu)測(ce)、豪(hao)雨時(shi)の氾(fan)濫予(yu)測(ce)、避難シミュレーションなど、独自の予(yu)測(ce)技術を開(kai)発し、さまざまな施設の精(jing)度の高いリスク評価に役立(li)てています。

東北地方太平洋沖地震のシミュレーション(0:22)
三次元津波シミュレーション。津波が市街地を遡上する様子(0:42)

ハード(耐震・免震・制振など被害を少なくするための対策技術)

災害(hai)の状況や施設の条件により、多様な被(bei)(bei)害(hai)が発(fa)生(sheng)します。各施設のニーズに即した提(ti)案ができるように、建物の揺れによる被(bei)(bei)害(hai)を低減する免震・制振技術、天井や設備の耐震化工法、津波対策技術など、多数(shu)の技術開発(fa)を行っています。

ビル全体を制振装置化し地震時の揺れを半減するシステム「BILMUS(ビルマス)」の概念図
ビル全体を制振装置化し地震時の揺れを半減するシステム「BILMUS(ビルマス)」
概念図
南海トラフを想定した従来制振(上)とBILMUS(下)の揺れ方(1:01)

スキル(災害に対するレジリエンスを高める技術)

災害の発生(sheng)前(qian)(qian)後(hou)から迅速(su)に状況を把握して対応することは、事(shi)業の早期復(fu)旧のためにとても重要です。地震発生(sheng)直後(hou)では、緊急(ji)地震速(su)報を活用(yong)した情(qing)報の配信(xin)や設備制(zhi)御、モニタリングによる地震直後(hou)の建物(wu)健全(quan)性判定など、発災後(hou)のスムーズな対応を支援する技術(shu)を開発しています。また、台風や豪雨が接近(jin)する前(qian)(qian)から気象情(qing)報を自動(dong)で配信(xin)し、防(fang)災行動(dong)を促(cu)す「ピンポイント・タイムライン」のような、災害を未然に防(fang)ぐための技術(shu)も開発しています。

地震直後の建物健全性判定(安震モニタリング)
地震直後の建物健全性を判定する
安震モニタリング
風水害に備えた防災計画を支援する「ピンポイント・タイムライン」
風水害に備えた防災計画を支援する
「ピンポイント・タイムライン」

おすすめコンテンツ