ピンボール超電磁砲

外国籍従業員の活躍推進

当社の取り組み

近(jin)年(nian)(nian)、当社では外国籍(ji)(ji)従(cong)業(ye)員が増加しており、活躍推進に向けたさまざまな施(shi)策を実施(shi)しています。平成31年(nian)(nian)4月現在、87名(ming)の外国籍(ji)(ji)従(cong)業(ye)員が共に働く仲(zhong)間として、当社に所属(shu)しています。

それぞれの個性を活かし、活躍してもらうためには、長(chang)く勤めたいと思える環境であること、また、さまざまな場所で経験を積んでもらうことが必(bi)要であると考えています。

2015年からは「外国籍従(cong)業(ye)員(yuan)(yuan)交流会」を開始。外国籍の従(cong)業(ye)員(yuan)(yuan)同(tong)士が情報交換、また、先輩社員(yuan)(yuan)からのアドバイス等(deng)を通じて、ネットワークをつくれる環境を提供しています。

2017年からは、日本人従業員も外国籍従業員の多(duo)様(yang)なバックグラウンドを理解する必要(yao)があるとの観点(dian)から、その上司(si)も参加(jia)する合宿(su)型研修とすることで、より深(shen)いコミュニケーションを図ることにより、さらなる活躍推進を目(mu)指しています。

外国籍従業員交流会

2015年から情報交換、ネットワークづくりを目的として、年に1回開催しています。
毎回(hui)、参加者からは「先輩(bei)社(she)員や同期との交流を通じ、心強く感じた」「今(jin)回(hui)出会った方(fang)と今(jin)後もコミュニケーションをとっていきたい」「会社(she)からの外(wai)国籍従(cong)業員に向(xiang)けてのフォローがあることを実(shi)感でき、会社(she)への帰(gui)属意識が高まった」などのコメントが寄せられています。

外国籍従業員交流会

外国籍従業員オフサイトミーティング

2017年からは、外国籍従業員とその上司が参加する合宿型研修を実施しています。
交流会で得られる本人同士での情報交換・ネットワークづくりだけでなく、上司も巻き込んで直接意見を交わすことで、さらなる活躍推進を図っています。
ワークショップや意見交換を通じて、お互いの思いを理解し、活躍できる環境づくり等を推進。さらに一歩踏み込んだ相互理解へのきっかけとしています。
参加(jia)者(zhe)からは、「お互いの想(xiang)いを理解した」「よりコミュニケーションが深まった」などの感想(xiang)が寄せられています。

外国籍従業員オフサイトミーティング

おすすめコンテンツ